原始卵胞

女性は生まれたときから卵巣の中に生涯分の原始卵胞を持っています

1個の原子卵胞の中に700万個の原子卵胞を保持しています

そのほとんどは無くなりますが生まれた時に100万個から200万個の原子卵胞を保持しています

生まれた後に原子卵胞も減少しますが生理が始まるときには20万個から30万個になります

それから年令を重ねるたびに減少していき45歳ぐらいで数千個に減少します

生まれたときは卵巣の中に100万個から200万個の原子卵胞がいますが

歳を重ねるごとに減少します

女性が人生で排卵により出す卵子の数は400個から500個になります

誕生したときは原子卵胞も眠った状態ですが生理が始まるごろに自分で発育します

原子卵胞は15から20ほどが同時に成長します

通常は成熟卵胞になり排卵にまでなるのは1個です

他の卵胞成長の途中で発育をやめてやがて縮小します

未成熟な卵子も卵胞の成長により排卵をします

原子卵胞は成熟卵胞までの成長の期間は生理周期の14日卵胞期の間に発育するわけではありません

原子卵胞から成熟した卵胞になるまでに半年かかるといわれます

卵胞は少しずつ時間をかけて成長します

原子卵胞15から20が一緒に成長して成熟卵胞になるのは1個です

この卵胞は主席卵胞といわれています

ほかの卵胞は成長の途中で成長をやめてしまいます

やめたものを閉鎖卵胞といいます

人間の体は60兆の細胞から出来ています

皮膚や骨や内臓や筋肉まで全身細胞があつまり作られています

卵子や精子は1つ1つの細胞で動いています

ミトコンドリアは細胞のすべてに存在していて細胞を活性化させています

ベビウェルに含まれているオレアビータはミトコンドリアの働きを活発にします

その作用により細胞が若返り卵子の質を向上させるといわれます

最近の研究では実年齢と卵巣年齢は違うと言われています

卵巣年齢が実年齢よりも若い人や実年齢よりも卵巣年齢が高い人もいます